千里堂はり灸マッサージ治療院 土曜・日曜・祝日も開院しています!
地図 予約方法 トップページ
www.senrido.com
写真でみる千里堂   開院時間   施術コース・料金   予約方法   スタッフ勤務予定   はり治療Q&A   サイトマップ
 
  千里堂治療院トップサイトマップぎっくり腰>当院での研修会報告@

ぎっくり腰と鍼灸@(第83回研修会資料より 2015年)

>>施術コース・料金   >>予約方法
>>当院での研修会報告A   >>ぎっくり腰のための鍼灸治療
 
 
● ぎっくり腰と鍼灸@ ●

【腰痛についての調査(平成25年国民基礎調査より)】
◎日本人の有訴者数→男性で1位、女性で2位。
◎日本人の通院者数→男性で4位、女性で2位。


【腰痛の定義(腰痛診療ガイドライン2012より)】
◎部位→「腰部に存在する疼痛」。具体的には、触診可能な最下端の肋骨と殿溝の
 間の領域。
◎有症期間→急性:4週間未満。亜急性:4週間以上3ヶ月未満。慢性:3ヶ月以上。
◎原因→@脊髄由来 A神経由来 B内臓由来 C血管由来 D心因性


【急性・慢性腰痛の診断(腰痛診療ガイドライン2012より)】
@危険信号(レッドフラッグ)の排除
※危険信号(レッドフラッグ)とは、腰痛を引き起こしうる重篤な脊髄疾患(腫瘍、炎症、
 骨折など)の検出を目的としている。

危険信号

※危険信号あり⇒画像検査や血液検査などをしてもらうようにする。
※危険信号なし⇒A神経症状の排除


A神経症状の排除
※急速進行性または明らかな筋力低下を合併する重篤な神経脱落症状、膀胱直腸
 機能障害の有無を評価。特に尿閉は馬尾症候群の合併を示唆する。

神経根障害の合併を示唆する症状

※神経症状あり⇒画像検査または侵襲的検査をしてもらうようにする。
※危険信号なし⇒非特異的腰痛

危険信号や神経症状が認められない限り、4〜6週間以内の画像検査や血液検査、放射線診断は、臨床的メリットはない。

 
 

【ぎっくり腰のための鍼灸治療】は
「総合はり治療」の
60分・90分・120分の各コースで受けられます。


千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金はこちらをクリックしてください。

>>予約方法はこちらをクリックしてください。


>>当院での研修会報告A

>>ぎっくり腰のための鍼灸治療


 
【調布】治療院

予約専用フリーダイヤル
0120-076-078

商店街内【1階】で安心
調布治療院正面

調布治療院前通り

新宿から京王線 特急15分
調布駅広場口〜徒歩2分です

地図
 
このページは、千里堂治療院第83回研修会資料をもとに構成しました。 資料作成には以下の文献を参考にさせていただいています。 ありがとうございました。

−参考文献−
*ニュージーランド事故補償公団編、長谷川淳史訳『急性腰痛と危険因子ガイド』春秋社
*日本整形外科学会診療ガイドライン委員会・腰痛診療ガイドライン策定委員会編、日本整形外科学会・日本腰痛学会監修『腰痛診療ガイドライン2012』南江堂
写真でみる千里堂 / 開院時間 / 施術コース・料金 / 予約方法 / スタッフ勤務予定 / はり治療Q&A / サイトマップ